科学研究の最適化

イノベーションドリブンの組織がデジタルR&D機能を組織内で構築できるよう、支援を行います。これにより、ラボ内で良質かつ迅速な意思決定を行い、革新的な新製品を市場に短期間で投入できるようになります。

ライフサイエンスのブレークスルー

創薬における科学的進歩は、ライフサイエンス業界の企業を従来の方法を超えて、新しい価値を提供するためのデータ駆動型アプローチを模索するように駆り立てています。 現在、競争力は高いです。 先発者のアドバンテージを獲得した企業は、発見のペースを上げるために莫大な投資を行っています。 しかし、多くの企業は、独自に規模を拡大するように組織されていません。

今まで以上に、ライフサイエンス企業が繁栄し競争するために科学的プロセスを最適化および加速することが不可欠です。

Enthought Inc. 科学研究の最適化

Cropped shot of a focused young male scientist working on his computer while being seated inside of a laboratory during the day

科学研究の最適化

Enthoughtでは、科学者がデータと科学を活用して迅速に革新できるようにする専用のソリューションを作成しています。 すべてのScientificResearchOptimizationエンゲージメントで、新しいテクノロジーとカスタムワークフローを作成するツールの2つのコンポーネントで価値を提供します。これにより、R&Dの生産性が向上し、創造性が促進されます。

多くの企業はデータの組織構造に焦点を合わせていますが、要点を見逃しています。データへの効率的なアクセスは、反復的なR&Dの基盤です。 そして、ビジネスが成長し、チームが拡大するにつれて、データストアが同期しておらず、成長に合わせて拡張できないことが最終的に明らかになります。

当社の科学研究最適化ソリューションは、これらの課題に焦点を当てて開発されました。Enthoughtの目標は、科学者がデータを管理し、研究を加速できるようにすることです。

科学的なワークベンチ を使用する利点

Scientific Research Optimizationの技術的フレームワークは、インフラストラクチャがR&Dワークフローに接続するEnthought Edgeです。 Edgeを使用すると、科学者は、深い技術的ノウハウを必要とせずにデータ資産を安全に利用する機能を拡張しました。 Edgeは、分析ツールがすぐに使用でき、分析にすぐに影響を与える科学者のための技術的な作業台と考えてください。 ドメイン固有の API は、Edgeの技術フレームワークと統合されています。 科学者は、Edgeの科学的ワークベンチ から、データとユーザーフレンドリーなツールに直接アクセスして、臨時の調査を設計できます。

科学的なワークベンチ を使用する利点

設計が拡張可能で、Edgeを使用すると、生産性が向上し、科学プロセスの創造性が高まります。

  • 研究開発組織全体の分析結果とデータを視覚化、閲覧、集約します
  • 予測シミュレーションを実行する
  • ワークフローとデータパイプラインを自動化するためのユーザーフレンドリーなインターフェース
  • 安全でレビュー可能なログでデータガバナンスをサポートする
  • 重要な科学的プロセスを前進させる最適化されたワークフローを定義する

科学研究開発を加速する

Enthoughtでは、顧客の課題に根本的な類似性が見られます。データは複数のソースに分散しており、分析ですぐにアクセスできるようにネイティブ形式がすべて解決されているとは限りません。 データ生成は通常、分析機能を上回っており、ワークフローを妨げるだけでなく、洞察と発見を制限します。 Enthoughtは、これらの課題を独自に解決することができます。

科学は別の種類の研究です。 科学者は、データ視覚化ダッシュボードや厳密な分析アプリケーション以上のものを必要としています。 研究データを直接反復するための並列パスが必要です。 私たちの専門家は、ドメイン固有の経験を持つ科学者として、共同アプローチであなたの担当者と連携します。

貴社の科学を加速する時期です。

Enthoughtの Scientific Research Optimization ソリューションが、科学的プロセスを加速し、繁栄するのにどのように役立つかについて話しましょう。