Enthoughtについて

Enthoughtについて

Enthoughtは、科学技術分野のデジタルトランスフォーメーションを推進します 当社のテクノロジーと深い科学的専門知識は、早期の科学的発見と継続的なイノベーションを可能にします。 私たちはデジタル対応の労働力を構築し、分析に対応した科学データを備えて、科学とビジネスにおける価値創造の触媒となるようにします。

当社が生み出すインパクト

Enthoughtは2001年に設立されました。当時CEOのエリック・ジョーンズはデューク大学で電気工学のポスドク研究に従事していました。 彼はPythonの科学ソフトウェアスタックに、難しい科学的問題を解決し、技術エキスパートの定型業務を軽減できる可能性があることに気づきました。 この可能性を活かすため、2002年に志を同じくする科学者50人をカリフォルニア工科大学で集め、最初のSciPy Conferenceとなるイベントを開催しました。

Enthoughtの科学者はこの20年間、科学ソフトウェア分野において有意義な貢献を多く行ってきました。 こうした貢献には、オリジナルSciPyパッケージの共同開発、SciPy Conferenceの共同設立(2002年)、当初「scikit-learn」パッケージの開発、HDF5 for Python(h5py)ソフトウェアプロジェクトの設立、OUQ理論の共同開発、wxPython(クロスプラットフォームGUIツールキット)の開発とメンテナンスなどが挙げられます。

現在のEnthoughtのミッションは、サイエンスドリブンの組織が、科学分野のデジタルトランスフォーメーションによって達成できる競争的優位とビジネス成果を完全に理解できるよう、支援を行うことです。 Enthoughtの技術チームは100名以上のスタッフによって構成されていますが、そのうちの90%が高度なSTEM学位を取得し、65%が博士号を取得していま . 私たちは科学分野の言語に精通しており、難しい問題を解決することに情熱を注いでいます。 お客様と協力してデジタルトランスフォーメーションイニシアチブに取り組み、ビジネスの成果とエキスパートの作業効率を飛躍的に改善することを目指します。

デジタルトランスフォーメーション

完全に実現可能なデジタルトランスフォーメーション戦略を策定するには、変革を基礎的なもの、反復的なもの、包括的なものと捉える必要があります。 つまり、テクノロジーを導入し、ビジネスエコシステムを変化させることによって、このテクノロジーが生み出す価値を獲得するということです。 生み出される価値には、人材、そのスキル、行動、マインドセット、各プロセスなどが含まれます。 Enthoughtのアプローチでは、テクノロジー、人材、プロセスを組み合わせることで、デジタルトランスフォーメーションを価値創造のためのカタリストにします。 これにより、マーケットでの差別化を図り、イノベーションを加速させ、イノベーションによるグローバルインパクトを高めることができます。

デジタル技術によって強化された科学イノベーション

デジタル化の取り組みはしばしば制限を伴います。なぜならば現行システムの改善のみを想定しているからです。実際には、科学とテクノロジーが交わる場所にはまったく新しい可能性が生まれます。ただ、すべての人材がそれを認識できるというわけではありません。 ただ、すべての人材がそれを認識できるというわけではありません。Enthoughtはクライアントと協力しながらプロセスの最適化、ワークフローの迅速化、革新的なソリューションを実現することによって、迅速な価値提供を実現します。

デジタルDNA

デジタル対応型の労働力を構築します。 Enthoughtは、科学者やエンジニアが科学とビジネスの両分野のイノベーションと価値創造のカタリストになれるよう、分析用に最適化された科学的データ、専用ツール、デジタルスキルを提供します。 マインドセットを変えることで、新しいアイディアを創出し、新しい目標を心に描くことをチームに奨励します。

イノベーションを起こすべき

デジタル成熟度を高め、ビジネスを変革する方法につして、Enthoughtにご相談ください。